腫瘍減退の仕組み発見 福島医大グループ、新抗がん剤開発に期待

福島医大新医療系学部設置準備室の北爪しのぶ教授(50)らの研究グループが、腫瘍内の糖鎖「α2、6—シアル酸」がなくなると腫瘍の血管部分の細胞が死にやすくなるメカニズムを発見し、10日までに英国の科学雑…

もっと読む(記事の提供元へ)