「体外受精卵の新培養法」開発 乾クリニック、妊娠率向上期待

郡山市の産婦人科、乾マタニティクリニック(乾裕昭院長)は、体外受精で人間の動脈などに近い形で培養液を循環させ、受精卵を発育できるような培養システム「マイクロフリューディックディッシュ」を開発した。これ…

もっと読む(記事の提供元へ)