<山形大医学部>ゲノム蓄積へバンク運用 個々に最適な治療確立

山形大医学部は同意を得た患者からゲノム(全遺伝情報)を集め、ゲノム医療研究に役立てる「山形バイオバンク」の運用を6月1日に始める。山形市内の付属病院を含む国内外の医師、研究者らが活用することで、患者に…

もっと読む(記事の提供元へ)