在宅医療の充実へ、都道府県は現状の「見える化」を-厚労省が議論の整理案

厚生労働省は10日に開いた「在宅医療及び医療・介護連携に関するワーキンググループ」(WG)に、これまでの議論の整理案を示した。在宅医療の充実に向けて、実施状況の「見える化」など、都道府県が取り組むべき…

もっと読む(記事の提供元へ)