がん3年後の生存率71.3% 国立がん研究センター初調査

がんと診断されてから3年後の生存率が71.3%だったことが、国立がん研究センターの調査でわかった。調査は、国立がん研究センターが連携する拠点病院で、がんと診断された患者の3年後の生存率について調べたも…

もっと読む(記事の提供元へ)