介護「要支援」の事業移行で広がる独自サービス 生活援助予防指導

要介護度が軽い「要支援1、2」の人向けサービスの一部を全国一律の介護保険給付から切り離し、市町村に事業移行する制度改正を受け、群馬県内自治体が独自の基準や利用料による新サービスに乗り出している。 伊勢…

もっと読む(記事の提供元へ)