ノーベル物理学賞はレーザー分野 視力矯正手術にも応用

2018年のノーベル物理学賞に、レーザー物理学の分野で画期的な発明をした、アメリカ人の研究者ら3人が選ばれた。2日、受賞が決まったのは、アメリカのアーサー・アシュキン氏、フランスのジェラール・ムル氏、…

もっと読む(記事の提供元へ)