京大など、アクチビンEの肥満解消効果を解明

京都大学などの研究グループが、アクチビンEというタンパク質の肥満解消効果を発見した。アクチビンEは肝臓から分泌され、脂肪を燃焼させる褐色脂肪細胞を活性化し、ベージュ脂肪細胞の増加を促進してエネルギー代…

もっと読む(記事の提供元へ)