「地域包括ケア」の在り方探る

今春に設立された岡山県地域包括ケアシステム学会(理事長・椿原彰夫川崎医療福祉大学長)の第1回学術大会が11日、倉敷市内で開かれた。講演や実践発表などを通じ、高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らすための…

もっと読む(記事の提供元へ)