iPS角膜移植を承認 大阪大の学内委、臨床研究

人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から角膜の細胞を作り、角膜を損傷した患者に移植して再生する大阪大の西田幸二教授(眼科学)のチームの臨床研究計画を、学内の審査委員会が26日、大筋で承認した。チームは来…

もっと読む(記事の提供元へ)