広がる「ロボット手術」 保険適用拡大 出血量や医師負担が減 実績や症例数などで見極め

ロボットを使った手術について、公的医療保険の適用対象が胃がんや食道がんなどに拡大されたのを機に、九州でも導入する病院が広がっている。患者の出血量を抑えられ、操作の精度が高く、執刀医の負担は軽いなどのメ…

もっと読む(記事の提供元へ)