既存薬、他病気への効果を予測 タンパク質異常をAIで照合 九工大教授システム化

蓄積された医療ビッグデータを人工知能(AI)で解析し、既存薬が全く別の病気に効くかどうかを予測する「AI創薬」システムを、九州工業大の山西芳裕教授(生命情報学)が開発した。病気ごとに違うタンパク質の異…

もっと読む(記事の提供元へ)