難病ギランバレー症候群治療に光 糖鎖の化学合成初成功

岐阜大応用生物科学部(岐阜市柳戸)を中心とする研究グループが、難病「ギランバレー症候群」の発症メカニズムや治療法の解明につながると考えられている、細胞の表面を覆う分子「糖鎖」の化学合成に世界で初めて成…

もっと読む(記事の提供元へ)