内視鏡手術にAI活用 大分大など検証実験成功 摘出臓器判別、医師を補助 20年度、臨床実用化を目指す [大分県]

大分大医学部を中心とする研究グループは、内視鏡を使った胆のうの摘出手術で、人工知能(AI)が執刀医を補助するシステムを使った検証実験に成功した。AIによって切除する部位を判別、視覚化するシステムで、2…

もっと読む(記事の提供元へ)