匠の技術で一生ものの手術結果を追求する 【浜田山病院】 (東京都杉並区)


1   3

2
医療法人社団 愛宝会
脊椎・人工関節センター
浜田山病院

 
院長
小瀬 忠男
おせ・ただお●1988年、東京慈恵会医科大学卒業、同大学整形外科教室に入局。東京慈恵会医科大学附属青戸病院整形外科医長、総合川崎臨港病院整形外科部長などを経て、現職。日本整形外科学会認定整形外科専門医。
 

わずかな妥協も許さない技術で退院後まで一貫した治療を

2015年1〜12月だけで1575件と、都内で有数の手術実績を上げている整形外科病院。それが東京都杉並区に位置する浜田山病院だ。これだけの実績を上げてきた理由は何なのか。それを知るため、同院の小瀬忠男院長に話を聞いた。
 
「当院では患者さんに優しく、笑顔を提供できるような治療を大切にしています」と小瀬院長。実際に院内はアンティークのオルゴールや熱帯魚の水槽など、親しみをもてるような工夫が凝らされている。その上、閉所恐怖症の人にも配慮したオープンタイプのMRIへのこだわりや、術前自己貯血や術中・術後自己血回収装置による無輸血手術など、負担を少しでも減らすことに心血を注いでいるという。
 
そうした心のこもった診療の柱となっているのが、同院の高い技術。「自分、もしくは家族が受けるなら日本一の医師に手術をしてほしいはず。その思いでどこにも負けないような手術を実践してきました」。そう語る小瀬院長は、ナビゲーションシステムも活用しながら、1ミリ1度のズレも許さないほどの緻密さを追求してきた。その妥協を許さない技術で、人工関節置換術のような広く行われる手術だけでなく、臼蓋回転骨切り術や側彎症手術といった特殊な術式も提供。まさに「匠」と言えるだけの高度な治療を実現させている。
 
4
こうした機器を生かし、迅速な治療を実現させているのも注目すべき点だ。同院では来院した患者に対し、その日のうちにMRI検査やCT検査を行い、病状についての説明から治療方針決定までを行っている。この、他院ではなかなか見られない取り組みを実践しているのも、「病気は待ってくれません。すぐの診断・治療が望ましいのです」という小瀬院長の信念によるもの。そして、その体制を生かし同院では救急医療にも力を入れてきた。救急において重要な24時間365日の受け入れ体制。それを整形外科で徹底できているのは大学病院以外では珍しい。
 
 
 
さらには、ただ手術をするだけではなく、リハビリテーションから退院後のケアまで一貫して診ることも徹底している。「特に定期的なメンテナンスが必要な人工関節では、途中で担当医が変わるようなことはあってはなりません。銀座の老舗百貨店で物を買うのはその後のフォローも受けられるという信頼があるから。それと同じで、執刀医が一生診るというスタンスを持たなければなりません」
 
このような、あたかも一生ものの高級品のような手術を提供してきたからこそ、同院には患者が集まっていると言える。患者のために最善の治療をストイックに追い続ける小瀬院長。そのもとで同院はこれからも、地域に貢献していくことだろう。
 

Information
〒168-0065 東京都杉並区浜田山4-1-8
TEL.03-3311-1195

【診療科目】
整形外科、内科、形成外科、脳神経外科、リハビリテーション科、放射線科、臨床検査科
【診療時間】
9:00〜12:00/14:00〜17:00
【休診日】日・祝 ※急患及びレントゲン、CT、MRIなどの検査は24時間365日実施
 
http://hamadayama.or.jp/
 
■愛宝会グループ
あかばね整形外科
〒115-0042
東京都北区志茂2-49-1
TEL.03-5249-4976
http://akabane-tokyo.jp/
 
むつうら整形外科 
〒 236-0032
神奈川県横浜市金沢区六浦5-1-11
TEL.045-791-3762
http://mutsuura-yokohama.jp/