血管作る因子肥満加速 富山大大学院笹岡教授ら解明、糖尿病治療へ応用期待

富山大大学院医学薬学研究部(薬学)の笹岡利安教授(56)、和田努講師(46)、大学院生の小野木康弘さん(28)らの研究チームは、新たな血管の形成に関わるタンパク質の一つ「血小板由来増殖因子B(PDGF…

もっと読む(記事の提供元へ)