新生児の黄疸、原因物質の生成解明 宮大・和田啓准教授ら

新生児に多く発症し、重症化すると脳に障害を与える恐れがある黄疸(おうだん)の原因物質「ビリルビン」が生成される仕組みを、宮崎大の和田啓准教授(41)=構造生物学=と久留米大などの研究グループが初めて解…

もっと読む(記事の提供元へ)