睡眠障害の症状抑制、オレキシン使用薬作成し効果確認 筑波大チーム

日中に強い眠気や脱力発作などに襲われる睡眠障害「ナルコレプシー」について、オレキシンという物質を使った薬が症状を抑制する効果があることがマウスによる実験で確認されたと、筑波大の研究チームが15日、米科…

もっと読む(記事の提供元へ)