hp
整形外科疾患にリハビリを軸とした治療を提供
原因となる生活習慣も含めて改善を目指す

【両国みどりクリニック】(東京都墨田区)

両国1
両国2
医療法人社団 了徳寺会
両国みどりクリニック
院長 西村 暁
にしむら・あきら●兵庫医科大学卒業、東京女子医科大学付属第二病院(現・東医療センター)外科、東京女子医科大学整形外科を経て、現職。日本整形外科学会認定整形外科専門医。
 
 

病気やケガの原因の改善を目指したリハビリ
最新の骨密度検査機器も活用し、骨粗鬆症の治療を提供

最新の骨密度検査機器も活用し、骨粗鬆症の治療を提供

 変形性関節症や腰部脊柱管狭窄症、頸椎症など、痛みやしびれをもたらす疾患への治療として大きな役割を占める、運動療法や物理療法といった保存的治療。それらの治療に力を入れ、地域に貢献しているのが両国みどりクリニックだ。「当院では、病気やケガの原因となる生活習慣(悪い姿勢や歩き方、動きの癖)などを改善して快適な生活を取り戻すことを重視し、運動療法や動作・姿勢の指導などを提供しています。さらにはその良い状態を保ち、再発を防ぐことも目指します」と西村暁院長。
 
 こうした治療を高い水準で提供できるよう、同院では関節を動かしている時の筋肉や腱を確認する超音波検査機器、腰椎及び大腿骨頸部の強度を確認できる骨密度検査機器なども導入。後進の育成にも携わるような経験豊富な理学療法士も多数在籍しており、患者一人ひとりの状態に適したメニューを作った上で、一般の医療機関に比べても長めの時間をとってマンツーマンで指導していく。
 
 東京都外からの来院も含め、近年同院の患者数は増え続けている。そのニーズに応え、2017年3月にリハビリ室を拡張。長距離の歩行訓練も容易になった他、スポーツ障害・外傷のリハビリにも対応できるよう、エルゴメーターも設置された。それを踏まえて診療の幅も広げており、整形外科疾患や怪我だけでなく、脳卒中後の患者を対象とするリハビリも提供するようになったという。現在では、骨折を防ぐために骨粗鬆症の治療も重視しており、薬物療法や運動療法、食事指導などを行っている。「症状がなかなか改善しない方や、ご年配の方も諦めず、一度ご来院ください」と西村院長は語る。
 

拡張し、設備もより充実したリハビリ室

拡張し、設備もより充実したリハビリ室

Information
両国4
〒130-0021 東京都墨田区緑1-19-9
※JR両国駅より徒歩5分
TEL.03-5669-8811
【診療科目】整形外科、リハビリテーション科、
内科、リウマチ科
【診療時間】9:00〜13:00/15:30〜18:30
【休 診 日】日・祝
http://www.ryotokuji.or.jp/midori-clinic/