山形大がパーキンソン病の新リスク遺伝子発見

山形大医学部の小原祐太郎准教授(薬理学)らの研究チームは6日、手足の震えなどが起こる神経難病「パーキンソン病」の新しいリスク遺伝子を発見したと発表した。親族に患者のいない患者のゲノム解析データを調べた…

もっと読む(記事の提供元へ)