善玉コレステロールが悪玉に変化 動脈硬化症の仕組み解明

心臓病などの予防効果があり「善玉コレステロール」と呼ばれる脂質粒子「高比重リポ蛋白質(HDL)」が、動脈硬化症患者の体内では抗炎症機能が低下し、反対に「悪玉」となるメカニズムを、神戸大学大学院医学研究…

もっと読む(記事の提供元へ)