イヌの緑内障、遺伝子検査へ 愛媛大発ベンチャー「ベクタ」 発症リスクの早期発見に

高度な遺伝子解析技術を持つ愛媛大農学部発ベンチャー「VEQTA(ベクタ)」(新居浜市)は12月中旬から、イヌの緑内障の遺伝性疾患を調べる遺伝子検査を始める。同社によると世界初の取り組みで、全国の動物病…

もっと読む(記事の提供元へ)