高血糖を改善する匂い物質、新しい糖尿病治療薬へ 東北大学の研究

東北大学と大阪大学の共同研究グループは、「匂い」によって膵臓の機能を回復させ糖尿病の治療に繋げる新たなるアプローチを発見した。まったく新しい糖尿病治療薬として利用できるのではないかと期待されている。 …

もっと読む(記事の提供元へ)