3Dプリンターで体組織造形 大阪大教授ら開発

生きた細胞を使って臓器や組織の基となる3次元の構造体を作り出す「バイオ3Dプリンター」で、大阪大の教授らが世界初となる技術を開発した。細胞の入った溶液をインクのように噴出させて瞬時に固め、細胞の機能を…

もっと読む(記事の提供元へ)