脳脊髄液漏れ高精度診断 福島医大が新手法発見、タンパク質に注目

福島医大生化学講座の橋本康弘教授(64)らの研究グループが13日までに、脳や脊髄の周囲にある体液「脳脊髄液」が漏れて頭痛や吐き気を引き起こす脳脊髄液漏出症を、高い精度で客観的に診断する方法を発見した。…

もっと読む(記事の提供元へ)