慶應大など、慢性期脊髄損傷を幹細胞移植で治療する事に成功

慢性期脊髄損傷は、従来は治療が困難であるとされてきた。しかし今回、慶應義塾大学医学部生理学教室の岡野栄之教授、整形外科学教室の中村雅也教授らの研究グループは、慢性期脊髄損傷のモデルマウスに対し、ヒトi…

もっと読む(記事の提供元へ)
関連記事
人気記事