九州大学、アトピー性皮膚炎の「痒み感覚」伝達に関与する物質を発見

アトピー性皮膚炎の主要な痒み惹起物質であるIL-31が、ニューロキニンBという物質を介して脳に痒みの…

もっと読む(記事の提供元へ)
関連記事
人気記事