PM2.5で心停止 基準未満でもリスク大 群馬大大学院グループが分析

空気中にただよう微小粒子状物質(PM2.5)は環境基準を下回る濃度でも心臓病などによる心停止のリスク…

もっと読む(記事の提供元へ)
関連記事
人気記事