乳幼児中心、プール熱流行の兆し 発熱や咽頭炎、置賜は警報レベル

乳幼児を中心に感染する咽頭(いんとう)結膜熱(プール熱)の患者数が、県内で増えている。県衛生研究所が14日発表した1医療機関当たりの患者報告数は、置賜地域が3.83人となり、国立感染症研究所の警報レベ…

もっと読む(記事の提供元へ)
関連記事
人気記事