心不全、治療法探る調査を開始へ

日本人の死因の大きな割合を占める心不全の予防や治療法開発に役立てるため、日本循環器学会などは31日、これまで分かりにくいとされてきた病気の定義を新たに作成し、1万人の患者を対象とした実態調査を始めると…

もっと読む(記事の提供元へ)
関連記事
人気記事