世界初のiPS臨床研究で有害現象 患者の網膜に「むくみ」

他人のiPS細胞から作った網膜の細胞を、重い目の病気の患者に移植する世界初の臨床研究を手掛ける神戸市立医療センター中央市民病院などのチームは16日、記者会見し、移植を受けた患者の1人に網膜がむくむ有害…

もっと読む(記事の提供元へ)
関連記事
人気記事