• 東京都

医療法人社団健育会

ワンチームで患者を支え「攻めのリハビリ」を実践する

リハビリの取り組みをいち早く開始

 医療法人社団健育会は、1953年に竹川病院を設立して以来、今や伊豆・首都圏から東北・北海道まで広域で医療・介護サービスを提供する病院グループとなった。一般診療のほかリハビリテーションには、グループの創成期から取り組んできたという。

 「父である先代理事長は、これからの医療の役割は病気を治すだけではないと考え、当時、第三の医学といわれたリハビリを手掛けたのです」と語る竹川節男理事長。

 医療の軸は「予防」と「治療」という時代に、伊豆の名湯、熱川温泉に設立した熱川温泉病院で、後遺症からの回復を目指す慢性期患者のリハビリにあたった。

 「それが健育会グループのルーツと言っていいと思います。患者さんにもう一度社会復帰してもらう、人生を取り戻してもらうのだという強い思いで続けてきました」

患者と一体となりゴールに向かう

 脳卒中や大腿骨頸部骨折などの重症患者は、一次的な治療にあたる急性期を脱すると、失った体の機能を取り戻すためのリハビリを開始する。この集中的にADL(日常生活動作)の向上に努める時期が回復期だ。

 そのために編成されるのがリハビリ医を中心とした医療チームだ。看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、セラピストなど、各分野のスペシャリストが、患者一人ひとりに応じたリハビリ計画を立てる。

 中でも最も重要なのが、チームのリーダーとなるリハビリ医の存在だと竹川理事長は強調する。

 「優れたリハビリ医は、患者の状態をしっかりと見極め、どこまで導けるのか、最初に正確なゴールを設定することができます。そのうえでワンチームとして取り組むわけです」

 健育会グループでは「ねりま健育会病院」を筆頭に、「攻めのリハビリ」を標榜する。これは患者を盛り立て、医療チーム全員で共通の高い意識を持って、リハビリのゴールに向かう強い姿勢を表しているという。

 「私たちの願いは医療を通じて社会に貢献することです。これからは、さらにリハビリが重視される時代だと思います。今後も私たちのグループの総力を結集して、進んで参ります」と竹川理事長は熱く語っている。

竹川病院

〒174-0075
東京都板橋区桜川2丁目19番1号
TEL. 03-6413-1300
http://www.takekawa.gr.jp/
電話受付時間:月曜日〜金曜日 9:00~17:30
【病床】161床(療養病棟53床/
回復期リハビリテーション病棟108床)
【診療科】内科・リハビリテーション科・皮膚科

 リハビリ専門医、セラピスト100名が在籍。医師、看護師、セラピスト、医療相談員等患者さんに関わるスタッフ全員による入院時カンファレンス、退院時カンファレンスを回復期リハビリ病棟に入院する全ての患者さんに行っています。病院は樹齢300年のけやきの木に囲まれ、5階のリハビリフロアからは富士山や新宿副都心が一望できます。都心とは思えない落ち着いた環境の中で、患者さんが早期の社会復帰ができるようにチーム医療を提供しています。

ねりま健育会病院

〒178-0061
東京都練馬区大泉学園町7丁目3番28号
TEL. 03-5935-6102
http://nerima-k.gr.jp/
電話受付時間:月曜日~土曜日 9:00~17:30
【病床】100床(回復期リハビリテーション病棟100床)
【診療科】内科・リハビリテーション科

 リハビリ専門医・指導医、脳卒中専門医、認知症専門医、セラピスト100名が在籍。看護師、介護士が患者さんの生活リズムと日中の余暇時間を支え、医師が原疾患と全身状態を管理し、リハビリスタッフ等全ての職員がワンチームで「攻めのリハビリ」を実践しています。患者さんの病態と個性に応じたリハビリ治療では、可能な範囲での人間力の回復を目指します。退院後の社会参加や社会貢献、可能であれば復職を目指した治療計画を進め、必要時には退院後も一生にわたる地域リハビリ支援を継続しています。

熱川温泉病院

〒413-0304
静岡県賀茂郡東伊豆町白田424
TEL.0557-23-0843
http://www.atagawa.gr.jp/
電話受付時間:月曜日~金曜日 9:00~17:00
【病床】199床(療養病棟158床/
回復期リハビリテーション病棟41床)
【診療科】内科・脳神経内科・
リハビリテーション科・脳神経外科・
整形外科・皮膚科・泌尿器科・
呼吸器外科・人工透析内科

 開院から55年。伊豆の温暖な自然環境を生かした転地療養から始まった歴史のあるリハビリ温泉病院です。病院敷地内の源泉から湧き出る良質な温泉を利用して、患者さんの心と体を癒しながらリハビリを行います。痛みを和らげる緩和ケアや人工透析リハビリ等、慢性期疾患にも対応しています。

花川病院

〒061-3207
北海道石狩市花川南7条5丁目2番地
TEL. 0133-73-5311
http://kyouseikai.jp/hanakawahp/
電話受付時間:月曜日〜金曜日 9:00~17:00
【病床】180床(回復期リハビリテーション病棟150床/
地域包括ケア病棟30床)
【診療科】内科・リハビリテーション科

 リハビリ専門医・指導医、セラピスト130名が在籍。北海道でいち早く上肢・下肢ロボットを導入。病院敷地内のリハビリシミュレーションハウスは、患者さんが自宅へ退院後のリハビリをイメージできる、新しいコンセプトのリハビリ施設です。系列の老健、サ付住、訪問看護・リハビリ、通所リハビリ等の在宅事業と連携し、地域の皆様へ医療と介護の一体的なサービスを提供しています。

理事長

竹川 節男

たけかわ・せつお●昭和30年生まれ。獨協医科大学卒。慶應義塾大学病院にて研修医、専修医課程終了、医学博士号取得。平成7年医療法人社団健育会理事長に就任。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任教授、獨協医科大学医学部特任教授を兼任。

医療新聞社
編集部記者の目

子どものころは医者になりたくなかったという意外な事実を打ち明けてくれた竹川節男理事長。今や広域の病院グループを率いるまでに至ったのは、リハビリテーションの重要性を訴えて、後遺症に苦しむ患者一人ひとりと真摯に向き合ってきた父親の背中を間近で見てきたからに違いない。また、独特の経営センスの持ち主でもある。医療機関にも経営の合理性が求められる時代にあって、オリジナルのバランスシートが常に竹川理事長の脳裏には浮かんでいたのだろう。患者が必要とし、安心して過ごせる医療環境を提供しようと日夜、医師と同時に経営者の目線で鋭く現状を見据えている。

Information

医療法人社団健育会

ホームページ

●竹川病院

〒174-0075
東京都板橋区桜川2丁目19番1号
TEL. 03-6413-1300
http://www.takekawa.gr.jp/
電話受付時間:月曜日〜金曜日 9:00~17:30
【病床】161床(療養病棟53床/
回復期リハビリテーション病棟108床)
【診療科】内科・リハビリテーション科・皮膚科

●ねりま健育会病院

〒178-0061
東京都練馬区大泉学園町7丁目3番28号
TEL. 03-5935-6102
http://nerima-k.gr.jp/
電話受付時間:月曜日~土曜日 9:00~17:30
【病床】100床(回復期リハビリテーション病棟100床)
【診療科】内科・リハビリテーション科

●熱川温泉病院

〒413-0304
静岡県賀茂郡東伊豆町白田424
TEL.0557-23-0843
http://www.atagawa.gr.jp/
電話受付時間:月曜日~金曜日 9:00~17:00
【病床】199床(療養病棟158床/
回復期リハビリテーション病棟41床)
【診療科】内科・脳神経内科・
リハビリテーション科・脳神経外科・
整形外科・皮膚科・泌尿器科・
呼吸器外科・人工透析内科

●花川病院

〒061-3207
北海道石狩市花川南7条5丁目2番地
TEL. 0133-73-5311
http://kyouseikai.jp/hanakawahp/
電話受付時間:月曜日〜金曜日 9:00~17:00
【病床】180床(回復期リハビリテーション病棟150床/
地域包括ケア病棟30床)
【診療科】内科・リハビリテーション科