• 東京都

にしむら整形外科クリニック

誠実な診療姿勢と充実のリハビリ環境で
地域のかかりつけ医として健康をサポート

患者一人ひとりの病態や希望に沿った診療を追求

 慢性的な痛みや障害から関節リウマチなどの全身疾患、骨折・捻挫まで幅広く対応し、心身ともに寄り添う医療を心がける、にしむら整形外科クリニック。同院には、学生から社会人、高齢者と、都内外から多くの患者が訪れる。それは、西村暁院長が患者一人ひとりと向き合い、丁寧な診療とわかりやすい説明を心がけ、納得のいく診療・治療を提供しているからだ。

 問診や触診、画像診断で骨・筋肉などの状態を精査し、痛みや障害の根本的な原因を見極めた上でリハビリや最新のプーリー(滑車を用いた運動機器)での筋力トレーニング、ホットパックを使った温熱療法、薬物療法などを適切に組み合わせる。 2020年にはリハビリルームを新設。10名の理学療法士(うち主任2名)をはじめ、経験豊富なスタッフが多数在籍し、情報共有を行いながら最適と思われるリハビリを提供している。

「若い頃のような活動性を取り戻したい、日常生活も問題なく過ごしたいといった患者さんによって異なる希望にスタッフが一丸となって適切な内容を提供しています」と西村院長は話す。
 予防医療にも積極的に取り組むところも見逃せない。骨や筋肉などの機能が低下し、要介護の原因となるロコモティブシンドローム。その予防を特に重視し、オーダーメードのリハビリや理学療法、生活・運動面のアドバイスなどを通じて手厚くサポートする。

「まだまだ、新型コロナウイルス感染症の影響で心身ともに不調の患者さんもいらっしゃいます。医療面はもちろん、心の面でも支えられるよう、日々診療にあたります」と力を込める。

院長

西村 暁

にしむら・あきら●2000年、兵庫医科大学卒業。東京女子医科大学付属第二病院、東京女子医科大学整形外科、以後関連病院にて研鑽を積み現職。日本整形外科学会認定整形外科専門医。

医療新聞社
編集部記者の目

院長の人柄が良くわかる取材であった。事務長の機敏な動き、診療スタッフが一丸となって働く姿を拝見すると、患者が安心して受診できることがうかがえる。グループ写真を撮影する際も、事務長の呼びかけで一斉に集まってくださった。事務の方や診療スタッフの笑顔もとてもすばらしい。早稲田という土地柄もあり、スポーツに取り組む学生も多く訪れる。リハビリルームも充実しており、今後もファミリードクターとして患者目線での医療を提供していくことだろう。

Information

にしむら整形外科クリニック

ホームページ

診療科目:整形外科、リハビリテーション科、リウマチ科

診療時間:9:00~13:00/15:30~18:30 休診日:木・日・祝

〒169-0075
東京都新宿区高田馬場1-1-1 メトロシティ西早稲田1F

TEL.03-3200-3232

副都心線「西早稲田駅」2番出口目の前
山手線・西武新宿線・東西線「高田馬場駅」徒歩8分