肝胆膵がんの名医

医師名 (敬称略)所属医療機関得意な治療診療において取り組んでいること
新田 浩幸 岩手医科大学附属病院 外科 岩手県紫波郡矢巾町 肝胆膵外科、移植外科、内視鏡外科 肝胆膵系悪性・良性疾患に対する拡大手術、内視鏡手術、化学療法、肝移植など、幅広い治療選択肢から最も適した治療は何かを考え診療にあたっております。
最終学歴
オンラインセカンドオピニオン
山本 雅一 宇都宮記念病院 消化器外科 栃木県宇都宮市 肝胆膵高難度手術 肝胆膵がんを中心にすべての消化器疾患の外科治療に対応しています。
最終学歴
オンラインセカンドオピニオン
青木 琢 獨協医科大学病院 肝・胆・膵外科 栃木県下都賀郡壬生町 肝胆膵外科手術 肝胆膵の悪性疾患に対する外科手術。特に膵がんに対する集約的治療。肝胆膵領域での低侵襲手術の導入。
最終学歴
東京大学大学院医学系研究科
オンラインセカンドオピニオン
木村 理 東都春日部病院 外科 埼玉県春日部市 消化器外科学・膵臓病の外科学・肝胆膵の外科学・消化器病学 安全な手術・腹腔鏡を用いた手術を積極的に行い、外科侵襲を最小限にすることを常に念頭に置いて臨床に励んでおります。
最終学歴
東京大学医学部
オンラインセカンドオピニオン
岸 庸二 防衛医科大学校病院 肝・胆・膵外科 埼玉県所沢市 肝胆膵外科手術 皆勉強熱心で、最新の知見を取り入れ、高度進行がんに対しても手術+薬物治療を組み合せ、治療成績向上を常に目指しています。症例を選んで、腹腔鏡手術も行っています。
最終学歴
オンラインセカンドオピニオン
良沢 昭銘 埼玉医科大学国際医療センター 消化器内視鏡科 埼玉県日高市 胆膵内視鏡診断治療 最新の内視鏡診断・治療を導入・提供し、新たな診断・治療の研究にも取り組んでいます。
最終学歴
山口大学大学院
オンラインセカンドオピニオン
×
大塚 将之 千葉大学医学部附属病院 肝胆膵外科 千葉県千葉市 外科手術・集学的治療 積極的な外科治療を中心とした集学的治療により、予後向上を目指すとともに、患者一人ひとりに応じた治療を提供します。
最終学歴
オンラインセカンドオピニオン
小尾 俊太郎 帝京大学ちば総合医療センター 内科(消化器) 千葉県市原市 進行肝細胞がんの治療 「元気で長生き!」「あきらめない」を合言葉に一緒に治療しましょう。
最終学歴
オンラインセカンドオピニオン
川崎 誠治 三井記念病院 消化器外科 東京都千代田区 肝胆膵外科治療 出血量の少ない安全な手術。
最終学歴
オンラインセカンドオピニオン
進藤 潤一 虎の門病院 消化器外科 東京都港区 高難度肝臓外科手術・鏡視下手術 本邦随一の症例数・治療経験を基に、世界をリードする肝臓外科治療を追求しています。
最終学歴
オンラインセカンドオピニオン
山本 順司 JCHO 東京高輪病院 東京都港区 肝胆膵悪性腫瘍の外科手術 膵がん、肝門部胆管がんの外科治療。多発肝転移の外科治療。患者さんに対して誠実であること。他科との連携による進行がんに対する安全な手術。
最終学歴
東京大学医学部
オンラインセカンドオピニオン
×
江﨑 稔 国立がん研究センター中央病院 肝胆膵外科 東京都中央区 肝門部胆管がん切除、化学療法と組み合わせた膵がん切除 外科のみならず多職種がチーム一丸となって、治療にあたること。できる限り低侵襲で、患者さんのQOLを維持できる治療を選択すること。外科治療の科学的検証を行うこと。
最終学歴
オンラインセカンドオピニオン
伴 大輔 国立がん研究センター中央病院 肝胆膵外科 東京都中央区 腹腔鏡下肝切除・膵切除、膵がん手術 肝胆膵がんは難治性であることが多いですが、根治的な外科治療を追求しています。可能であれば体への負担が少ない腹腔鏡下肝切除、膵切除を積極的に行っています。
最終学歴
オンラインセカンドオピニオン
奈良 聡 国立がん研究センター中央病院 肝胆膵外科 東京都中央区 肝胆膵領域の手術全般 患者さん一人ひとりの病状に合った手術を丁寧に行うことを心掛けています。他科の医師とも連携を取り、適切な治療がスムースに受けられるように取り組んでいます。
最終学歴
京都大学医学部
オンラインセカンドオピニオン
本田 五郎 東京女子医科大学病院 消化器病センター 消化器・一般外科 東京都新宿区 肝胆膵疾患の手術、腹腔鏡手術 膵がん・胆道がんに対する術前・術後の化学療法、化学放射線療法と手術を組み合わせた集学的治療。肝胆膵領域の良性疾患、悪性腫瘍に対する低侵襲手術。
最終学歴
オンラインセカンドオピニオン
×
大目 祐介 東京女子医科大学病院 消化器病センター 消化器・一般外科 東京都新宿区 肝胆膵疾患の手術、腹腔鏡手術 膵がん・胆道がんに対する術前・術後の化学療法、化学放射線療法と手術を組み合わせた集学的治療。肝胆膵領域の良性疾患、悪性腫瘍に対する低侵襲手術。
最終学歴
オンラインセカンドオピニオン
×
糸井 隆夫 東京医科大学病院 消化器内科 東京都新宿区 膵がん・胆道がんの診断治療、胆石の内視鏡治療 新しい内視鏡治療法や道具を開発し、標準的な抗がん剤治療等のみならず、集束強力超音波焼灼術、ナノナイフ、内視鏡的胃空腸吻合術など新しい治療法にも取り組んでいます。
最終学歴
東京医科大学大学院
オンラインセカンドオピニオン
永川 裕一 東京医科大学病院 消化器外科・小児外科 東京都新宿区 肝胆膵手術、腹腔鏡下・ロボット支援下手術 膵がん・胆道がんに対し、決して諦めない積極的な治療を行っております。より精度の高い確実な手術に取り組み、体に優しい低侵襲手術も行っております。
最終学歴
東京医科大学大学院
オンラインセカンドオピニオン
阿部 雄太 慶應義塾大学病院 一般・消化器外科 東京都新宿区 肝門部胆管がん手術・腹腔鏡下肝切除術・ロボット支援下肝切除 胆道がんに対する拡大手術を中心とした集学的治療で根治の追求。肝がん・転移性肝がんに対する高難度腹腔鏡下肝切除で負担なく確実な治療を。
最終学歴
慶應義塾大学医学部
オンラインセカンドオピニオン
國土 典宏 国立国際医療研究センター 外科 東京都新宿区 肝胆膵がんの外科手術・ナビゲーション手術 手術の安全性と根治性の両立、患者さんへの精神的サポートに心をくだいています。
最終学歴
東京大学医学部
オンラインセカンドオピニオン
×
齋浦 明夫 順天堂大学医学部附属順天堂医院 肝・胆・膵外科 東京都文京区 肝胆膵がんの外科治療 肝胆膵外科手術は非常に繊細です。患者さんの病状に合わせ、豊富な経験と高い技術により、安全かつ高質な治療を迅速に提供します。
最終学歴
東京大学
オンラインセカンドオピニオン
伊佐山 浩通 順天堂大学医学部附属順天堂医院 消化器内科 東京都文京区 胆膵がん化学療法、内視鏡診断・治療、ステント 病態から考え得る最適な治療を提案し、偶発症の少ない治療を実践しています。がん患者さんでは、最新情報を意識し希望の持てる治療を一緒に模索することを心掛けています。
最終学歴
東京大学大学院医学系研究科博士課程
オンラインセカンドオピニオン
椎名 秀一朗 順天堂大学医学部附属順天堂医院 消化器内科 東京都文京区 ラジオ波治療・マイクロ波治療・分子標的薬 一般的には根治的治療の対象とならない進行肝がんに対しても、分子標的薬にラジオ波治療やマイクロ波治療などを組み合わせることにより、根治を目指した治療を行っています。
最終学歴
オンラインセカンドオピニオン
長谷川 潔 東京大学医学部附属病院 肝胆膵外科・人工臓器移植外科 東京都文京区 肝胆膵外科手術・肝移植 術前に十分準備し、正確で安全な手術を心掛けています。低侵襲手術(腹腔鏡下・ロボット支援下)から血管合併切除再建を伴う高難度手術や肝移植まで幅広く行っています。
最終学歴
オンラインセカンドオピニオン
×
中井 陽介 東京大学医学部附属病院 消化器内科 東京都文京区 EUS・ERCPを中心とした低侵襲診断と治療、化学療法 患者さんの病態を正確に診断し、適切な治療を提供することを心掛けています。
最終学歴
オンラインセカンドオピニオン
×
建石 良介 東京大学医学部附属病院 消化器内科 東京都文京区 ラジオ波焼灼術、マイクロ波アブレーション、薬物療法 20年の経験に基づく合理的で組織化された診療態勢を確立しています。
最終学歴
オンラインセカンドオピニオン
神澤 輝実 都立駒込病院 消化器内科 東京都文京区 膵胆道疾患の内視鏡的治療と集学的治療 膵胆道疾患のハイリスク患者に対して早期診断を行っています。ゲノム治療を含めた最新の個別化治療を行っています。
最終学歴
オンラインセカンドオピニオン
窪田 敬一 東都文京病院 外科 東京都文京区 肝胆膵外科手術 肝胆膵の悪性疾患に対する外科手術。特に術前化学療法を取り入れたBorderlineresectable膵がんに対する膵切除。
最終学歴
東京大学医学部
オンラインセカンドオピニオン
×
髙橋 祐 がん研有明病院 肝・胆・膵外科 東京都江東区 肝胆膵外科手術 内科・画像診断部と綿密に連携し、迅速で質の高いチーム医療を行っております。病状により最適な手術(拡大手術、ロボット手術を含む低侵襲手術)を提供するよう心掛けております。
最終学歴
名古屋大学大学院
オンラインセカンドオピニオン
井上 陽介 がん研有明病院 肝・胆・膵外科 東京都江東区 肝胆膵高難度手術、集学的治療、低侵襲手術 進行肝胆膵がんに対して、集学的治療で最良の予後が得られるよう努力しています。当初切除不能でも化学療法が奏効すれば、血行再建も辞さずに切除します。切除可能がんであれば、ロボット支援下または腹腔鏡下による低侵襲手術を行います。
最終学歴
オンラインセカンドオピニオン
橋本 拓哉 日本赤十字社医療センター 肝胆膵・移植外科 東京都渋谷区 外科手術・腹腔鏡下手術・化学療法 腹腔鏡下の手術の導入をすすめ、合併症の少ない手術を目指しています。
最終学歴
オンラインセカンドオピニオン
泉 並木 武蔵野赤十字病院 消化器科 東京都武蔵野市 肝がんのラジオ波焼灼と薬物療法 免疫チェックポイント阻害剤など新規の肝がん治療を取り入れ、負担の少ない治療を目指しています。
最終学歴
オンラインセカンドオピニオン
阪本 良弘 杏林大学医学部付属病院 肝胆膵外科 東京都三鷹市 肝胆膵がんの手術・集学的治療 周術期化学療法も用いた患者さんに最適な治療の追求。出血の少ない丁寧な手術。腹腔鏡下手術の定型化。
最終学歴
東京大学大学院博士課程医学研究科修了
オンラインセカンドオピニオン
上野 誠 神奈川県立がんセンター 消化器内科 神奈川県横浜市 肝胆膵がんの化学療法、内視鏡治療、IVR 難治がんと呼ばれる肝胆膵がんに対し、早期診断、外科治療、重粒子線を含む放射線治療、化学療法を集学的に行っています。また緊急内視鏡も迅速に対応しています。
最終学歴
横浜市立大学医学部
オンラインセカンドオピニオン
國分 茂博 新百合ヶ丘総合病院 肝疾患低侵襲治療センター 神奈川県川崎市 肝がんラジオ波熱凝固療法と分子標的治療 肝硬変のPoint of no returnを見極め、ラジオ波・マイクロ波を駆使し、分子標的薬との併用からConversionにより肝予備能とQOLの維持を目指します。
最終学歴
北里大学医学部
オンラインセカンドオピニオン
中郡 聡夫 東海大学医学部附属病院 消化器外科 神奈川県伊勢原市 肝胆膵がんの外科治療と化学療法、膵臓の縮小手術、肝臓・膵臓の腹腔鏡手術 患者さん本位の診療を心掛けています。機能温存手術と根治的拡大手術の両者に対応しています。
最終学歴
千葉大学医学部
オンラインセカンドオピニオン
藤井 努 富山大学附属病院 第二外科 富山県富山市 膵がんの集学的治療、高難度膵臓手術 膵がんであっても決してあきらめずに、集学的治療に尽力すること。他院で切除不可能とされた膵がん症例にも挑戦しています。
最終学歴
名古屋大学医学部
オンラインセカンドオピニオン
宮山 士朗 福井県済生会病院 放射線科 福井県福井市 肝動脈化学塞栓療法(TACE) 1.5-FのマイクロカテーテルとTACE支援ソフトウェアを用いて超選択的TACEを施行しています。
最終学歴
オンラインセカンドオピニオン
上坂 克彦 静岡県立静岡がんセンター 肝胆膵外科 静岡県駿東郡長泉町 胆・膵がんの診断・手術 胆道がんの拡大手術、膵がんの集学的治療。
最終学歴
名古屋大学医学部
オンラインセカンドオピニオン
杉浦 禎一 静岡県立静岡がんセンター 肝胆膵外科 静岡県駿東郡長泉町 肝胆膵高難度手術 高度進行がんに対し根治性と安全性の両立を目指した積極的な高難度肝胆膵外科手術を行っています。また、患者さんのQOLに配慮した低侵襲手術も積極的に行っています。
最終学歴
オンラインセカンドオピニオン
江畑 智希 名古屋大学医学部附属病院 腫瘍外科 愛知県名古屋市 肝胆膵外科、特に、(進行)胆道がんの外科治療と集学的治療 肝切除を中心とした胆道がんの外科治療に集中して取り組んできました。手術は前、中、後のすべてが重要ですので、当院の多職種チームとともに丁寧な診療を心掛けています。
最終学歴
オンラインセカンドオピニオン
×
加藤 悠太郎 藤田医科大学病院 総合消化器外科 愛知県豊明市 ロボット・腹腔鏡下肝切除と進行肝がん手術 肝がんに対してロボットや腹腔鏡による低侵襲手術を行う一方で、高度進行肝胆道がんに対する高難度手術を安全に提供し、また化学療法併用による切除率向上を目指しています。
最終学歴
慶應義塾大学医学部
オンラインセカンドオピニオン
佐野 力 愛知医科大学病院 消化器外科 愛知県長久手市 肝胆膵外科手術 病変の進展範囲に応じた縮小から拡大手術を安全に施行することに取り組んでいます。
最終学歴
名古屋市立大学医学部
オンラインセカンドオピニオン
梛野 正人 愛知県がんセンター病院 肝胆膵外科 愛知県名古屋市 肝・胆道外科 肝門部胆管がんや胆嚢がんの外科治療、特に拡大手術に力を入れています。
最終学歴
オンラインセカンドオピニオン
波多野 悦朗 京都大学医学部附属病院 肝胆膵・移植外科 京都府京都市 肝胆膵がんに対する治療を目指した集学的治療 進行肝胆膵がんに対する手術を中心とした集学的治療。末期肝疾患に対する肝移植(2000例を超える実績)。「患者さんの希望を支える知識と技術とハート」をモットーに全力で診療にあたります。
最終学歴
オンラインセカンドオピニオン
×
工藤 正俊 近畿大学病院 消化器内科 大阪府大阪狭山市 肝がん内科的治療(RFA、TACE)、肝がんの分子標的治療および免疫療法 ラジオ波治療、TACEと免疫チェックポイント阻害薬などを単独または組み合わせて予後向上の研究に取り組んでいます。特に、最終的にTACE、ラジオは切除などに持ち込んで完全に治癒させる方針で取り組んでいます。
最終学歴
京都大学医学部
オンラインセカンドオピニオン
×
久保 正二 大阪公立大学医学部附属病院 肝胆膵外科 大阪府大阪市 外科手術・腹腔鏡下手術 各診療科の協力による集学的治療と積極的な腹腔鏡下手術で治療成績向上を追求しています。肝内胆管がん診療ガイドライン(2021年版)を委員長として作成、出版しました。職業性胆管がんの治療・研究拠点として取り組んでいます。
最終学歴
オンラインセカンドオピニオン
金沢 景繁 大阪市立総合医療センター 肝胆膵外科 大阪府大阪市 腹腔鏡下手術 赤外光観察や3D内視鏡を導入し、高難度症例にもより精緻で安全な腹腔鏡下肝切除を数多く手掛けており、最新のロボット支援下手術を積極的に行っております。
最終学歴
大阪市立大学(現:大阪公立大学)医学部大学院
オンラインセカンドオピニオン
和田 浩志 大阪国際がんセンター 消化器外科 大阪府大阪市 肝胆膵疾患、特に、肝臓がん・胆道がんの外科治療 進行がんに対して手術、化学療法、放射線治療を組み合わせた集学的治療に取り組んでいます。
最終学歴
大阪大学医学部
オンラインセカンドオピニオン
髙橋 秀典 大阪大学医学部附属病院 消化器外科 大阪府吹田市 膵がんに対する集学的治療、膵臓外科 安全・確実な膵切除術を基盤に、治癒にこだわった膵がんに対する集学的治療に力を入れています。
最終学歴
大阪大学
オンラインセカンドオピニオン
里井 壯平 関西医科大学附属病院 胆膵外科 大阪府枚方市 胆膵疾患一般、膵臓がん、胆道がん 膵がんの集学的治療、腹膜転移膵がんの新規治療開発、切除不能膵がんに対する集学的治療後切除、胆道がんに対する新規治療開発、切除不能膵がんに対する新規治療開発。
最終学歴
関西医科大学(博士課程)
オンラインセカンドオピニオン
海堀 昌樹 関西医科大学附属病院 肝臓外科 大阪府枚方市 肝臓・胆道外科、腹腔鏡下手術、化学療法 進行肝がん、胆道がん手術に対して化学療法および根治切除を組み合わせた集学的治療を数多く実践しております。最近数年間は本邦3 位以内の肝切除症例数を行ってまいりました。患者様に最良な治療方針を提案し、患者・医師が強い信頼関係で結ばれた心の通った医療を信念としております。
最終学歴
関西医科大学医学博士
オンラインセカンドオピニオン
佐々木 洋 八尾市立病院 外科 大阪府八尾市 外科手術 がんの進行度や肝機能の良悪の程度により、最も適した治療 (手術では開腹・腹腔鏡)を科学的見地から選択。
最終学歴
大阪大学医学部
オンラインセカンドオピニオン
大﨑 往夫 明和病院 消化器内科 兵庫県西宮市 TACE・RFA・全身薬物療法 病態に応じてTACE、RFA、全身薬物療法の中で最適と思われる治療法を提供します。
最終学歴
オンラインセカンドオピニオン
永野 浩昭 山口大学医学部附属病院 肝胆膵・移植外科 山口県宇部市 肝胆膵外科手術・肝移植 早期がんに対する腹腔鏡下肝切除、進行がんに対する血管合併肝胆膵領域がん切除、さらには肝移植。
最終学歴
オンラインセカンドオピニオン
井岡 達也 山口大学医学部附属病院 腫瘍センター 山口県宇部市 膵がん、胆管がん、大腸がん、化学療法、集学的治療 豊富な経験をもとに、内科と外科治療の良い部分を組み合わせて最新の治療に取り組んでいます。大腸がんの場合、肝臓や肺に転移があっても、切除できる場合があります。諦めないでください。
最終学歴
日本大学医学部
オンラインセカンドオピニオン
上甲 康二 済生会西条病院 肝胆膵内科 愛媛県西条市 肝がんの局所治療・カテーテル治療 非侵襲的な治療により肝がんを根治させることを目指します。肝がん局所治療ではラジオ波焼灼術(バイポーラ・モノポーラ)やマイクロ波熱凝固術を腫瘍の状態に応じて使い分けています。
最終学歴
愛媛大学大学院医学部 医学研究科
オンラインセカンドオピニオン
×
江口 晋 長崎大学病院 移植・消化器外科 長崎県長崎市 肝胆膵外科手術(腹腔鏡下・ロボット支援下含む)・肝移植・膵移植 標準手術から移植等の高度医療まで、患者さんの信頼とニーズに応えるべく全力を尽くします。安全性、根治性を重視し、化学療法も外科治療と組み合わせて行っています。開腹手術から鏡視下手術、ロボット手術にもチームで取り組んでいます。
最終学歴
オンラインセカンドオピニオン