被災看護師ら受け入れ 鹿児島市立病院 熊本市民病院の6人

 熊本地震で被災し、建物などの倒壊で一部機能を失った熊本市民病院の看護師と助産師計6人が鹿児島市立病院で働くことになった。同院で1日、受け入れ式が行われた。

 6人は産婦人科や新生児内科、新生児集中治療