生理研、うつ病治療薬の新たな作用機序を発見

うつ病は社会的影響の大きな疾患であり、その解明は切迫した課題であると言える。その病態は、セロトニンやノルアドレナリンなどのエンドルフィンの欠乏によることが既に判明しているが、しかしそれだけでは説明のつ…

もっと読む(記事の提供元へ)
関連記事
人気記事