お産の場確保へ実態調査 県が17年度内に新計画

県は4日、周産期医療の確保に向けた具体的な取り組みを定める「周産期医療体制整備計画」を新たに策定する方針を示した。地域の医療資源や出産取扱件数を把握するため医療機関への実態調査を9月ごろに実施。県内の…

もっと読む(記事の提供元へ)