新発見でエナメル質再生などに期待 岩手医大チーム

岩手医大解剖学講座の原田英光教授(54)と大津圭史講師(42)の研究チームは、歯の表面を覆うエナメル質を作るエナメル芽細胞の生成に関する新しい仕組みを発見した。今後研究が進めば、人工多能性幹細胞(iP…

もっと読む(記事の提供元へ)