緑茶に動脈瘤抑制効果 京大グループ、ラットで確認

緑茶に含まれる「ポリフェノール」が、腹部に生じる大動脈瘤(りゅう)の増大を防ぐ効果があることを、京都大医学研究科の南方謙二講師や升本英利医師らが見つけた。腹部大動脈瘤は破裂すると50%以上の患者が死亡…

もっと読む(記事の提供元へ)