【社説】iPS細胞10年 安全性高めて実用化を

さまざまな組織や臓器になる能力を持つ人工多能性幹細胞(iPS細胞)の開発で世界に先駆け、山中伸弥京都大教授が成功して10年になる。 細胞から組織を作って患部に移植する臨床研究など、「夢の万能細胞」は応…

もっと読む(記事の提供元へ)