hp
整形外科疾患や
がんの痛みへの治療を通じ
患者が自分らしく生きることをサポート

【千里ペインクリニック】(大阪府豊中市)

千里
医療法人永仁会
千里ペインクリニック
 
理事長 松永 美佳子
 
まつなが・みかこ●1991年、大阪大学医学部卒業。
2004年6月に千里ペインクリニック院長就任。
日本麻酔科学会認定麻酔科専門医、日本ペインクリニック学会認定ペインクリニック専門医。
 
 

神経ブロック療法で痛みの改善を目指す

 ペインクリニックは、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、圧迫骨折、変形性関節症などが引き起こす痛みそのものを総合的に診る分野として近年知られるようになってきた。「症状の自然な改善が見込める方や、高齢で手術ができない方など、強い痛みに悩む方全員が手術の対象となるわけではありません。そうした方のためにペインクリニックはあると言えます」と語るのは、千里ペインクリニックの松永美佳子理事長。
 
 痛みの原因として、骨・関節の変形によって神経が圧迫され、傷や炎症を生じることが挙げられる。ペインクリニックで特に重視しているのは、そうした神経を元の状態に戻していくことだ。主な手段として用いられるのが、神経もしくはその周囲に麻酔薬を注入して痛みの伝達を遮断する神経ブロック療法。「神経ブロック療法では、過敏になった神経の状態を正常に戻す働きや、神経の血流をよくして自己治癒力を高める働きも期待できます」と、ただ一時的に痛みを抑えるだけでなく、根本的な改善も目指していけるという。
 

充実した診療体制でがんの緩和ケアも提供

 同院では、より幅広い症例に対応できるよう、神経ブロック療法を中心としてさまざまな治療を提供してきた。リハビリテーションや投薬も必要に応じて行うほか、精神的な要因の痛みに対応できるよう、心理療法及びドッグセラピーなども提供。脊椎の変形が強い症例のような、より精度の高い神経ブロック療法が必要なケースに備え、高性能のレントゲン透視装置や超音波検査装置も院内には設置されている。
 
 同院ではこうした多様な痛み治療を提供する体制のもと、がん患者の緩和ケアにも力を入れてきた。緩和ケアは主に24時間365日体制の訪問診療として行われ、薬物での疼痛緩和及び全身状態の管理などを病状や生活、介護の状況に合わせて提供していく。もし在宅での治療が困難になった場合も、院内に併設するホスピス型賃貸マンション「アマニカス」での受け入れが可能だ。同院のスタッフによるケアが常時受けられる施設であり、整形外科疾患の患者も利用できるようにしているという。
 
 「『あなたらしく生きる』というテーマで、すべての患者さんをサポートしています」と松永理事長。同院は患者の痛みを取り除いてQOL(生活の質)を高められるよう、あらゆる手立てを尽くしている。
 

1.集中的な痛みの治療を受けつつ過ごせる「アマニカス」 2.レントゲンで確認し、正確に神経ブロック療法を行う 3.ドッグセラピーを担う4頭の犬

1.集中的な痛みの治療を受けつつ過ごせる「アマニカス」
2.レントゲンで確認し、正確に神経ブロック療法を行う
3.ドッグセラピーを担う4頭の犬

Information
〒560-0004
大阪府豊中市少路 1丁目7番18号 アマニカス1階
TEL.06-6856-1371
【診療時間】月〜金 9:00〜17:00
       土 9:00〜15:00
【休診日】日・祝
【病床数】180床
※がん患者の往診は24時間365日対応
http://www.senri-pain.jp/