直接投与の遺伝子治療薬を初承認

【ワシントン共同】米食品医薬品局(FDA)は19日、米バイオ医薬品会社「スパーク・セラピューティクス」が開発した、先天性の視力障害に対する遺伝子治療薬を承認した。患者の網膜に直接注射して使う。これまで…

もっと読む(記事の提供元へ)
関連記事
人気記事