妊娠率の向上にこだわった、
オーダーメードの不妊治療を提供


日暮里レディースクリニック
 
院長 奥田 剛

おくだ・つよし●1991年、昭和大学医学部卒業。2016年より現職。昭和大学産婦人科学教室兼任講師、日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医、日本生殖医学会認定生殖医療専門医ほか。
 
 
 

不妊治療のエキスパートが体の状態や希望に沿った治療法を提案

 荒川区日暮里駅から徒歩数分の好立地で、不妊治療の専門施設としての役割を担う日暮里レディースクリニック。同院の大きな特長に挙げられるのが、妊娠率の向上をとことん追求し、それぞれのカップルの体の状態や生活環境、希望などに応じた、オーダーメードの治療を徹底している点だ。「不妊症では、さまざまな原因が複雑に絡み合って、妊娠できない状態になっていることが少なくありません。そこで同じ方法を漫然と続けるのではなく、時には手段を変えながら、患者さんにとって最適な治療を模索し続けることが重要です」。
 
 そう話す奥田院長は国内外の大学病院で長年不妊治療に携わり、難治例も積極的に手掛けてきた。その経験に基づき、卵巣・卵子の状態や周期ごとの状況などを慎重に見極めながら、幅広い治療法の中から最適となる方法を検討。特に体外受精・顕微授精といった高度生殖医療では、「より良質の卵子を多く採取すること」に重点を置き、排卵誘発剤の有無や使用期間、術式などを柔軟に選択しているという。また、男性不妊を専門とする医療機関とも密に連携し、男性側の原因が疑われる場合には速やかに対応できる体制も敷いている。
 
 専門の医療機関として、それぞれのスタッフが不妊治療の内容に精通し、患者のカウンセリングやアドバイスなどに対応してくれる点も、患者にとって心強い。また経験豊富な培養士から受精卵の状態を聞いたり、治療内容について相談・質問したりできる外来窓口も設置するなど、患者の心理的な不安にも優しく対応している。その充実した診療体制を活用するためにも、早期の受診が重要だと奥田院長。「不妊治療のスタートは、決して早すぎるということはありません。悩み過ぎることなく、まずは相談にいらしてください」。1組でも多くのご夫婦に笑顔を届けたいという信念のもと、奥田院長はこれからも、患者に寄り添った診療を追求していくという。
 

Information
 
日暮里レディースクリニック
ホームページ

 
〒116-0013 
東京都荒川区西日暮里2-20-1 ステーションポートタワー5F
TEL.03-5615-1185(予約用)TEL.03-5615-1181(代表)

【休診日】金・日・祝
【診療時間】月〜木 9:00〜13:00/14:30〜19:00
      土 9:00〜13:00/14:00〜16:00
【自由診療】体外受精 1〜3回目約20万5000円、4回目以降 約15万5000円、
      顕微授精 約4万円