肝臓の再生は自律神経によって促される 肝臓がん治療に大きな光 東北大の研究

肝臓は脳からの自律神経による信号が肝臓内の免疫細胞を刺激し、再生を促進する。つまり、この仕組みを利用することで、意図的に肝臓再生を促し、肝臓の生存率があがることが解明された。 解明したのは、東北大学大…

もっと読む(記事の提供元へ)