卵巣冷凍保存→がん治療後体内戻す 京大が月内着手

京都大医学部付属病院は19日、抗がん剤や放射線の治療を受ける女性がん患者が妊娠できる能力を保つため、片側の卵巣を摘出して凍結保存し、がん治療後に体内に戻す治療を産婦人科において今月から始めると発表した…

もっと読む(記事の提供元へ)