hp
従来の歯科医療に疑問を抱き、
改革を志して歯科保存学を学ぶ

【ジャパンデンタルクリニック 田名網 宏樹先生】


医療法人社団 秀和誠宏会
柏東口駅前歯科
ジャパンデンタルクリニック

院長
たなあみ・ひろき
田名網 宏樹 先生
 
【経歴】
日本大学松戸歯学部卒業後、日本大学再生歯科治療学講座入局。首都圏の歯科医院勤務や千葉県柏市の歯科医院での副院長就任を経て、2015年6月に柏東口駅前歯科 ジャパンデンタルクリニックを開院。

ジャパン_田名網
 

 
 

痛く、怖い思いをするという歯科のイメージを変えるために

 子どもの頃から、「生じた疑問は払拭したい」と考えるような性格だったという田名網宏樹院長。学生の頃、医療の分野に進むことを考えていた中で歯科を選んだのも、既存の診療に疑問を抱いたからだった。「歯科は他の診療科以上に痛く、怖い思いをするところというイメージを持たれがちです。実際、私もそうした治療を受けた記憶があります。加えて、従来の治療ではむし歯を発症した場合、再発と再治療を繰り返して最終的には抜歯に至ってしまうことが多いのも現状です。こうしたことに疑問を抱き、改革をしたいと考えたのです」。その後、大学で歯科保存学を中心に学んだのち、軽症例から重症例まで幅広く診る中、痛くなく、歯を残すための治療を実践してきた田名網院長。治療の質だけでなく、患者が緊張することなく受診できるよう、コミュニケーションも重視してきた。
 
 こうした治療が評判を呼び、勤務する歯科医院が変わるたび、田名網院長を頼る患者は増えてきたという。2015年に柏で開院してからも、そうした患者が引き続き来院する他、柏市、さらには他県からも患者が転院してくるようになった。増加する需要に応えるため、開院から2年というわずかな期間でより広いフロアに移転し、スタッフも大幅に拡充することになった。「患者さんに支持して頂き、子どもの頃からの考えが決して間違っていなかったのだと痛感しました」と振り返る田名網院長。目指しているのは、自身の治療を柏市だけでなく、全国にまで広めることだ。これからも「日本の歯科医療を変える」という情熱のもと、目標に向けて必要なことを最速で行っていく。