hp
消化器内科や整形外科などの専門医が集い
充実した設備を生かした検査・治療を

【岩井病院】 (福井県福井市)

iwai-1
医療法人 成蹊会
岩井病院
(JR福井駅東口徒歩5分)
 
 
iwai-2
京都大学大学院卒 医学博士
院長 岩井 晃男
いわい・あきお●日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医、日本消化器病学会認定消化器病専門医、日本肝臓学会認定肝臓専門医ほか。
 
 
 
iwai-3
大阪大学大学院卒 医学博士
副院長 岩井 貴男
いわい・たかお●日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本リウマチ学会認定リウマチ専門医ほか。
 
 

内視鏡や大腸CTで胃・大腸がんの早期発見を

最新の機器も備えた内視鏡室

最新の機器も備えた内視鏡室


岩井病院は地域のホームドクターでありつつ、最新機器による検査・治療も提供してきた。まず、京都大学消化器内科助教であった岩井晃男院長が手がける消化器分野では、胃がんや大腸がんなどの早期発見に努めてきた実績を持つ。現在では粘膜表面の状態を目視できる画像強調観察や、微細な病変を確認できるハイビジョンシステムも用いた内視鏡検査を軸に、極早期のがんでも発見できる体制を構築。内視鏡より負担の少ない大腸CTを県内で最も早くから提供してきたのも注目すべき点だ。
 
同院は2015年の改築を機に、設備の拡充や最新機器の導入も進めてきた。それが検査時間及び待ち時間の短縮にもつながったという。「高齢の方の場合、長い待ち時間が体への負担になることもあります。それだけに外来ですぐに画像診断も提供できるようにしています」と岩井晃男院長。検査で極早期のがんを見つけた場合、内視鏡下での切除も院内で提供する。
 

リハビリと関節リウマチを軸にした整形外科診療
リハビリ室に併設された温泉プール

リハビリ室に併設された温泉プール

改築に伴い、整形外科も拡充。経験を積み重ねてきた岩井貴男副院長のもと、関節疾患や脊椎脊髄疾患などで悩む患者への治療を提供している。同科では、CT、MRI検査を骨や関節の状態の把握に役立てる他、最新の骨密度測定装置も新しく導入し、圧迫骨折の原因となる骨粗鬆症を正確に診られるようにしている。その上で、生物学的製剤などによる関節リウマチ治療、外傷や変性疾患を中心とした手術、骨粗鬆症の薬物療法などを広く実施。特に注力するのが、リハビリテーションであり、新設のリハビリ室では天然温泉プールも活用する。「浮力で関節の負荷を抑えられるため、高齢の方や、関節リウマチの方のリハビリにおいて特に有用です」と岩井貴男副院長。この取り組みは全国でも珍しい。
 

老人マンション「ディモライワイ」

老人マンション「ディモライワイ」


両科も含め、多分野の専門的な治療に加え、併設の介護老人保健施設、老人マンション「ディモライワイ」とも連携し、地域に根ざした医療を実践してきた同院。これからも最新治療を積極的に取り入れ、さらなる質の向上を目指す。

Information
診療科目:内科、消化器内科、整形外科ほか
休診日:日・祝
外来受付時間:9:00〜17:30(月〜水・金・土)/9:00〜13:00(木) 
※急患・新患随時診察
〒910-0859 福井県福井市日之出2-15-10
TEL.0776-24-0306 FAX.0776-26-2016
http://www.horae.dti.ne.jp/~akio-i/iwaihospital/iwaihospital_top.html