hp
テーラーメードでの関節リウマチ治療や
かかりつけ医としての地域貢献に力を尽くす

【かねこ内科リウマチ科クリニック】 (埼玉県川口市)

kaneko1
kaneko2
 
かねこ内科リウマチ科
クリニック

 
理事長 金子 元英
 
かねこ・もとひで●川崎医科大学卒業。日本大学板橋病院内科入局(専門:膠原病、血液、呼吸器、免疫)。日本リウマチ学会認定リウマチ専門医ほか。
 
 
 
 

一人ひとりに適した治療で生活の質の向上を目指す

開放的で木の温もりを感じさせる院内

開放的で木の温もりを感じさせる院内


生物学的製剤の普及により、関節リウマチは大きく進歩し、十分寛解(症状のない状態)を目指せるようになった。それを踏まえ、かねこ内科リウマチ科クリニックの金子元英理事長はテーラーメード治療を重視。8種類の薬剤を揃え、副作用の有無や患者の状態を見極めて選択するという。
 
一番の目標は、患者一人ひとりの生活の質の向上だ。金子理事長はそこに向けて妥協することなく、治療を進めていく。「多くの施設では、寛解には至っていないが、症状は治まっているという場合、治療に妥協が生まれがちです。そうならず、本来の目的をきちんと達成する治療が大切です」。実際、同院では寛解、もしくは低活動期の状態でも、「合併症の有無」「年齢」「疾患のステージ」「ADL(日常生活動作)の変化」「免疫の変化」などで構成される「M-CARACSA指標」という独自の指標に基づき、治療を随時見直していく。これらの指標の確認に適した機器として、サーモグラフィー、血圧脈波検査装置、関節エコーなども揃え、患者の状態を詳細に調べていく。
 
また、金子理事長は地域のかかりつけ医であることも大切にしてきた。その際には、「かかりつけ医は言わば指揮者であるべきと考えています」との言葉通り、診断で治療の指針を立て、他科を紹介するなどの道標を作っていく。こうした適切な治療、さらには丁寧なコミュニケーションが地域の信頼を集めた結果、同院には日々多くの患者が来院している。中には20年を超す付き合いの方も少なくないという。

Information
診療科目:内科、リウマチ科、呼吸器内科、アレルギー科
診療時間:月・水〜土 7:30〜13:00/15:00〜18:00 火 9:00〜13:00
休診日:火午後・日・祝
〒333-0833 埼玉県川口市西新井宿305
TEL.048-284-1155
http://www.kaneko-cl.net/