アジアの医師を人工知能で支援 蓄積データで画像診断 来年2月実用化へ

医療系のシステム開発などを手がけるシステム・ビット(東京都)は、人工知能(AI)を活用して胸部レントゲンの画像診断を補助するシステムの開発を進めている。来年2月の実用化を目指しており、ミャンマーやベト…

もっと読む(記事の提供元へ)