喫煙は結核発病リスク、学会が「禁煙推進宣言」-会員勤務施設の敷地内禁煙化を

日本結核病学会は、「禁煙推進宣言」を発表した。喫煙が「結核菌感染や結核の発病・再発・死亡の危険を高める重要な因子」と指摘。受動喫煙でも同じようなリスクを被ることを挙げ、診療や健診で喫煙者に禁煙を勧める…

もっと読む(記事の提供元へ)